食べる

食べるのがめんどくさい。 私の友達に一人暮らしでも きちんと料理をして 何品も作り 朝昼晩必ずきちんととるひとがいる。 尊敬です。 これは見習わないといけません。 私の好きな海外ドラマBONESで 主人公が辛いときに ひとは食べなきゃ。 の一言。 私はそ…

猫になる

ダメだよ。と思いながらも 不安なことばかり考えて 心が重たくなって 猫のように生きようと 気持ちを切り替える。 がんばれわたし。

思い方

男性の単純なところなど かわいいーって 思えるか バカだなって思ってしまうのか 思い方はそれぞれ。 歪んでるわたしは ひとを見る目に支障きたしてる。 可愛くありたいのに。

ごめんね。

ごめんね。ねこたち。 ごめんね。わたし。 ごめんなさい。 ごめんなさい。 ごめんなさい。 苦しめてるのはわたし。

受け入れること

私の体は 障害があります。 左手足がしびれて 思うように動かず 寝ていても起きていても歩いていても 置き場がないような 辛い感覚です そして胸もざわざわと苦しくて 寝ていても起きていても歩いていても 体が曲がります。 一年4ヶ月前は そんなことがなく…

クラクション

家の外で クラクションが聞こえた。 怖い。 そして 気がついた。 他人との争い事が怖いってことを。 他人に責められるのが怖いってことを。。 私を理不尽に責めてきた人の顔が 思い浮かんできた。 気がついた。 だからもう大丈夫。 我慢しない。 そして逃げ…

怖くて

彼氏や友達と一緒にいると 怒られるので怖い。 そんなひととは 合わないのだから さよならした方がいいね。 安定剤を飲まなきゃならない相手なんて ダメだよ。。。。。 悪口ばかりが会話なひと 話が合わないひととは 苦痛なだけ。 その人ともさよならしよう。

はなまる

あたしは はなまるが欲しかった。 早生まれでまわりより一年近く 生まれが遅いと 授業についていくのがやっと。 どうしても覚えられない。 どうしても理解できない。 小学一年の時の思い出は どうして私は勉強できないのかな。と 言う思い。 だからはなまる…

大丈夫

大丈夫だと思ってたのに 私の存在を否定しそう。

変わること。

怖いことなんて私にはない。って 小さな頃から言い聞かせてた。 注射だって 高いところだって 皆と同じ怖かったけど 怖くないふり。平気なふり。 だから いじめにも 悪口にも 噂話にも耐えられると思ってた。 変わることにも 一歩踏み出すことにも 平気だと…

できないのに。

できないのに。できるつもりで 頑張ってきたの。 他人の何倍も努力して 資格もとった。 やはりすごいね。 そういつも言われてた。 私はバカだから他人の倍以上勉強しないと 覚えられないんです。 そう答えてた。 残業だって嫌がらず 仕事の夜の呼び出しでも …

ゆらぐこころ。

ゆらゆらと 揺れ動くこころ。 現実と理想の狭間。 わかってるけど 負のスパイラル。 どこかで 断ち切らねばならない。 笑いながら生きていこう。 辛くても笑ってると 脳も勘違いして 楽しくなってくるから。

誕生日

昨日は誕生日。 ひとりで美容室へ。 前の日からドキドキで 耐えられるかなと とても心配。 初めての美容室だから こわかったけど 痺れもなく無事に終了。 ひとりでも大丈夫。 と上書き保存。 そんなに怖がる必要ないのにね。 私は変わるよ。絶対に!

プラネタリウム

プラネタリウムで ドアが閉まった途端 冷や汗がでて しびれてきて 苦しくて。 映像に酔って吐き気が。 出るに出られず 目をつぶり我慢して 乗りきったよ。 その後も足のしびれがとれずに 1日が終える。 でも ひとつ乗りきったから 上書き保存だね。 プラネ…

決めたこころ。

決めたこころ。 必ず足を引っ張る人が現れる。 落ちるような話ばかり聞かさせたり 今のままがいいのにと言われたり。 立ち止まる訳にはいかないの。 後戻りもできません。 私は変わるの。 あなた方と傷のなめ合いはしたくないの。 去年突然胸が苦しくなった…

あの思い

なんだか ぶりかえす予感。 胸が苦しくなるのは もう嫌。 気持ちを切り替えないといけないし めんどくさい細々したことも片付けないと いけないし。 そして とどめがあったから しんどいなー。 ええええいっ 考えてどうこうなるもんじゃないや。 だったら考…

嫌なもの

抱えている嫌なもの 心に問うてみた。 ひとつ。 大きなことが。 お金の問題もでてくるので 切り捨てることは 今はできないのに 心が拒否している。 かなりの 問題だ。

朧月夜

車の中で母が歌い出した。 朧月夜。 私の好きな歌だ。 母の送迎で 待っている間に 岩井にある香取さまの 小さな神社にお参り。 清々しい気持ちになる。 春は気持ちがいいね。 これからは桜が咲く。 桜の季節は大好きだ。 薄い桃色に染まる季節。 幸せを運ん…

笑ってごらん

いつの間にか 変わっていくから。 うまく回り出すからと。 縁が織り成す巡り合わせ。 きっと良くなるよ。

ダメだね。このままじゃ。

くよくよ。 うだうだ。 生きてくのは 妥協。 な訳ない。 楽しく生きてやれ。 なんとかなる。 絶対大丈夫。

呼吸

夜になり苦しい。 このところ考えすぎてるから。 息を鼻からすって 口から吐いて…。 今日散歩してるとき 風が強くて 頭に刺さるような冷たさが 追い討ちかけてるのかな。 明日はきっと大丈夫。 のびょ~ん。 こんな翡翠見たら ほっこり。

ストレス

何をしていても ストレスのもとになる事を考えてる。 どおりで苦しい訳だわ。 他人には違うことを考えてね。なんて 偉そうに言っちゃったけど やはり考えちゃうよねー。 もとの身体に戻ろうとして からまわり。 焦って焦って焦って。 倒れないようにするのに…

我慢はやめよう

生まれも育ちも価値観も違うから 仕方ないことだけどね フィールドが違う。 ヘイトな自分が出てくるのが 多すぎるよ。 ちょっと難しいかもね。

春なのに

3月なのに。 嫌なことは嫌。 これは自立しないと言えない言葉。 わかってる。 今は我慢するってこと。 また心が壊れないうちに 自立しないといけない。

無駄な時間

この身体。 何もできないうちに 時間だけが過ぎていく。 明確な治療なんてないし いつまで こうしていられるのかも わからない。 でも 無駄な時間なんて きっとないはず。

外見的判断

やはり。 見た目で判断される。 中身はその後のこと。 気を付けよう

断捨離

自分を変えたい。 今のままではダメだ。 断捨離していこう。 人間も 部屋も すべて。 今のままでは変われない。 なんとかなる。 どうにかなる。 捨てる神あれば拾う神有り。 きっと その時の私に合う人達が 集まってくるはず。 がんばれ。わたし。

強要

嫌なこと。 強要されるのは 苦痛。 何でも思い通りになると 思ってる頑固な方達。 私のまわりから いなくなるなら かまわない。 きっと 私が変わる時期なのだ。

2度と

戻りたくない。 あんな苦しみに 戻りたくない。 去年のあの苦しみに。 深呼吸。 深呼吸。 深呼吸。 胸が苦しくなる前に。 戻らない。 戻らない。 戻らない。 この子達がいてくれる。

幸せの連鎖

ラジオで聞こえてきた。 幸せの連鎖。 わたしは 誰かに幸せをあげられるのだろうか。 今はまだ できないけど 必ず。

春一番

今日は 暖かいけど 春一番。 土埃がすごい。 でもね 去年は 春一番も季節の移り変わりも ぜんぜんわからなかった。 死んだように生きてた。 今年は少し持ち直してきたのかなぁ。 春一番は土埃がすごいけど 気がつけて ほんとに嬉しい♥

不動尊

夕映えの不動尊 こころ洗われる想い。 しかし今日は眠かった。 たぶん薬のせい。 とにかく 今も眠い…。

恐怖

ここ数日 体調がよくて 嬉しくて 歩いて。 でも今日ちょっとしんどい。 あの苦しみに戻るのは嫌だ。 大丈夫!戻らない! きっと大丈夫!

嫉妬?

昔はスーツを着てバリバリ働いてた。 残業して 走り回って それが私と思い込んでいた。 そんな自分がかっこいいと 思ってた。 友達は恋愛体質で パートで働いていた。 それが友達だった。 でも今はその友達は正社員になり 出世もした。 話を聞いたとき あの…

浅草寺

そうだ。 浅草行こう。 浅草寺行こう。 外が怖い。 近所のコンビニさえも ひとりでは怖い。 そんな私だったのに 胸の苦しさも 足のしびれもなかったので 母親誘って浅草寺へ。 薬は飲んでるけど だんだん良くなってきたのかなぁ。 昔 ひとりでアメリカ行った…

見上げた空

空を見上げる余裕がなかった。 下を向いて 猫背で 足を引きずりながら ゆっくり歩く私。 体調が安定してきて 少しは余裕ができてきたのかな。 強い薬に変わったから。 頑張って治そう。 普通にご飯が食べられて 普通に歩けて 普通に買い物行けて 猫たちと遊…

こころ。

心に嘘をついてる。 今を生きるのに 必要な嘘。 嫌な嫌なこと。 心が重たい。 猫はそんなことはしない。 媚びない。 私もそうありたい。

蒼い空。 白い雲。 お墓参りの帰り道。 見上げた空。 心が震えたよ。 綺麗すぎて。

いとおしい命

どんなに叱っても 私のあとをついて歩く翡翠。 愛すべき小さな命。 守るべき小さな命。 捨て猫だった 小さな命。 捨てた人間のこと許せない気持ちと 捨てたことで うちの子になってくれて 嬉しい気持ち。 いとおしい命。

蓮の花

毎年訪れる場所。 いちめんの蓮の花。 蓮の花しか見えない場所。 混沌とした土の中から 清楚な花を咲かす。 あの場所に立つと この世ではないような気がしてくる。 風の音だけが聞こえる。 幻想的な場所。

雪のひとひら。

私の心の支えになってる猫が3匹います。 ルビー、珊瑚、翡翠です。今日は 雪です。雪がひらひら舞うのが 楽しくて 外をのぞいてます。 私は療養生活。 ねこだけが支えです。